Dentistry

歯医者で麻酔を受けた日は注意しよう

歯医者で抜歯するときなど、麻酔をすることがあります。注射の針を刺すときに多少痛みはありますが、麻酔はすぐ効いてくるのでそこまで我慢をしなければならないほどの痛みはありません。
麻酔で注意しなければならないことは、術後、切れる前です。歯医者から帰る前に歯医者の先生や受付の方から注意はあると思いましが、麻酔が切れるまでものを食べる時に注意しないといけません。麻酔が効いていると口の中とは知らず、食べ物と間違えて噛んでしまうことがあるからです。麻酔が切れた後、抜いた歯のところの歯茎以外の不要な痛みを数日間、我慢しなければならなくなります。最悪化膿することもあります。
しかし抜歯のあとなど緊張からの解放された反動か、おなかが空いてしまうことも多くあるようです。麻酔が切れる前にどうしても何か食べたいときは、口の中の感触と似ている柔らかいものを避けて食べるようにすることが切実です。また熱いものや極度に冷たいものなどもやけどをしてしまっても気付きにくい傾向にあるので、やめておいた方が無難です。
その他、抜歯などをした日は激しい運動や長い時間のお風呂、深酒なども血が出る原因になることもあるので適度におさえることです。

UPDATE LIST

»More Contents
TOP