Dentistry

歯医者の定期検診は重要

いくつになっても、歯医者に行くのは面倒ですよね。虫歯になって診てもらいに行くと、ガリガリ削られるのが神経に響いたりして、嫌な気分になります。それでも放置していたら、ますます悪化してしまいますから、我慢して行くしかないですね。
ただ、近年では大人の場合だと虫歯よりも歯周病のほうが問題になっています。歯周病は歯と歯茎の間に空間、歯周ポケットに食べカスなどが詰まることでウィルスが繁殖し、歯茎が弱ってしまう病気です。
歯を支えるのが歯茎ですから、土台がやせ細ってしまうと歯自体が抜けてしまう、非常に恐い病気です。そうならないためにも、毎日の歯磨きが重要になってくるのですが、前歯はともかく奥歯の歯周ポケットはなかなか掃除が難しく、ブラッシングもおろそかになってしまいがちです。歯磨きだけでは、歯周病対策は不十分だと言えます。
やはり、定期的に歯医者に行き、クリーニングをしてもらうのが一番いいでしょう。歯石がたまっていると、それを削るの手間がかかってしまい、痛みもあるのですが、それはあくまでも長年放置していた場合です。数か月おきにきちんと歯医者で検診を受けておけば、歯も歯茎の健康も維持されます。面倒くさがらないで、きちんと検診に行くことが、自分の歯をきれいに長く保っていく秘訣です。

UPDATE LIST

»More Contents
TOP